引越し 手順 安く

 

スムーズな引越しの手順を教えます。

引越し 手順

 

引越しはとにかくやることが多いので、順番に1つずつこなしましょう。
引越しが本当に忙しくなるのは、引越し日の2週間前後です。

 

それまでにちょっとずつ荷物をまとめておきましょう。

 

1:引越しすることが決まったら、管理会社か大家さんにそのことを告げる。
 退去の場合、3カ月前にとか1か月前までに・・・と契約書に記載があります。
 次の入居者を募集しなければなりませんので、早めに連絡しましょう。

 

2:新居を決めて、契約する。

 

3:引越し業者に見積もりを取って、契約する。
 こんなに早く?と思うかもしれませんが、引越し業者を決めておかないと希望日に引越し出来ないこともあります。
 土日祝日の午前中に引越し希望の場合は特に人気がありますので、早めに見積もりを取って契約しましょう。
 契約の際、持って行く家財、捨てる家財を分けて、申告したダンボールの数に収まるようにしましょう。

 

4:不要な家財の処分、ゴミの処分でできるだけ運ぶ荷物を減らしましょう。
 ゴミカレンダーで処分すると、不要品の処分費がかかりません。
 当日、ごみが多くなると追加料金がかかることもあります。

 

5:2週間前になると、市外への引っ越しの場合は市役所で転出届を提出します。
 国民健康保険や年金の住所変更についても窓口で確認しておきましょう。
 電気会社、ガス会社、水道会社、電話会社、郵便局に連絡します。
 ガス会社は当日ガスの元栓の確認に来ることもあります。料金が日割りのところもありますので、ご確認ください。
 郵便局に連絡しておくと、1年間前の住所に届いた郵便物を新居に転送してくれます。

 

6:引越し当日は引越し業者がほとんどやってくれます。
 家具家電の配置を指示したり、ダンボールの置き場所を前もって決めておきましょう。
 引越し先のご近所にできるだけ早くご挨拶しておきましょう。後になるほど行きにくくなります。

 

7:2週間以内に、市外引越しなら転入届・市内引越しなら転居届を市役所に提出します。
 そのほか、免許証、パスポート、カード会社、銀行、保険などの住所変更も行いましょう。

 

こうやって書き出してもすることが多いな〜と思うのですが、1つずつこなしていけば案外簡単に終わります。
引越しは精神的にも体力的にもきついので、余裕を持って行いましょう!

 

 

引越しを安くするならこちらのランキングへ